プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府・草津温泉

みなさん、こんにちは。
オイリュトミストの野口泉です。

夏の甲府での「きつねおくさまのごけっこん」が終わり、しばらく振りの更新となります。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて5月から稽古して参りました、『速佐須良姫』メキシコ・セルバンティーノ芸術祭版の本番も近づき、体調管理も兼ねて、久しぶりに銭湯に通っております。 

本日はその中で出会った“至福の湯”のご紹介です。



「草津温泉」

写真+3_convert_20140917142322


写真+5_convert_20140917142636
天然ラドン、芒硝泉、重層泉、食塩泉


こちらは三つの湯船と水風呂を有し、それぞれ全てが源泉掛け流しの温泉。
水風呂でさえ、23度の地下水掛け流しとなっています。


高温風呂は源泉温度のままの47.7度とかなり熱めです。
私の訪問時は45.5度程度だったでしょうか。それでもかなりのパンチ力のある“あつ湯”です。
今回は再訪となりましたが、前回訪問時と同様、限られた時間内で最大限の筋肉疲労回復を図るため、露天風呂、ぬるい湯をスルーして、ひたすら高温風呂と水風呂の織りなすヒートショックプロテイン効果を堪能しました。



高温風呂に入ると、身体の冷えている部分に刺すような痛みとしびれを感じ、その後、各部分が次第に緩んできます。



また、見た目にも非常になめらかで柔らかい湯であるにも関わらす、微細な気泡が、入ったそばから皮膚表面に付着しするのを観察できます。この豊かな炭酸ガスが、通常の45~6度の湯に入ったときの痛みとは違う、より内部に針が入るような感覚の原因ではないかと思われます。
ですが、水風呂でとなりあった地元の方に訪ねると、全く痛みはないそうです。ひどい肌荒れがここに通うようになって治ったとのこと。



そして入浴後、5時間程はからだがぽかぽかしていました。
暖まった部分は全体が赤くなるのではなく、まだら状になることも、この温泉の特徴です。表層だけではなく、より内部の組織まで熱が浸透しているような体感がありました。



もう塩素臭のある湯では、ある程度までのリラックス感しか得られない、確実に銭湯の泉質に対する評価基準が高まってしまい、近所の鄙びた銭湯の魅力がかすんでしまったのが目下の悩みでしょうか。



“温泉”というよりは、地球からしみ出した体液に抱かれるような感覚が味わえる「草津温泉」、
みなさま甲府にお出かけの際は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。


写真+2_convert_20140917142835
魅力的な笑顔で、とても気さくに迎えてくださいます。



草津温泉
【アクセス】
中央道甲府昭和ICから国道20号線経由で約10分
JR中央線甲府駅よりバスで約10分「荒川橋」下車徒歩5分
年中無休朝6時〜夜10時まで営業、仕事前に入って行く方も多いそうです。
料金400円



スポンサーサイト

第一回もとまちプラザまつり 笠井叡氏出演!!

今週末30日(日)JR国分寺駅より徒歩20分の生きがいセンターもとまちに於いて「第一回もとまちプラザまつり」が開催されます。

地元で活動する団体が一挙に発表を行うというこの日、
オイリュトミーのグループももちろん出演いたします。

先日芸術選奨文部科学大臣賞を受賞された笠井叡氏も出演。
早々と完売となった5月3日の舞台「笠井叡日本国憲法を踊る」のチケットを取り逃がしたという方はぜひ、今週末「生きがいセンターもとまち」へお越しいただいてはいかがでしょうか。
料金は無料となります。

また当日は甘酒のふるまい、焼きそば販売などもあるそうです。

hocchi.jpg
国分寺市イメージキャラクターぶんじほたるホッチ ⓒタツノコプロ

非常にローカルかつグローバルなこのイベント、どうぞお見逃しなく!

3月30日(日)
9:45〜15:30
「第一回もとまちプラザまつり」

場所:
生きがいセンターもとまち
〒185−0023
東京都国分寺市西元町3−18−12
JR国分寺駅より徒歩20分
(途中に名水100選お鷹の道・真姿の池湧水群や、おたカフェなどのスポットがあり、お散歩には最適のコースとなっています)

オイリュトミーのグループ出演時間:12:00〜12:45
出演:
谷合ひろみ・桑原敏郎・小松宏佳・塩月伊作
新保圭子・阪本和子・三上周子・笠井叡
ピアノ:上田早智子 ヴァイオリン:長谷川美夏
朗唱:藤原和子 司会・進行:原仁美
作品:
アンデルセン作「マッチ売りの少女」
グリーグ作曲「春に寄す」
リスト作曲「愛の夢」
ゲーテ作「水の上の霊たちの歌」

※出演者の都合によりプログラムに変更のある場合があります。ご
了承ください。




??

オイリュトミー初心者クラス@国立

オイリュトミー初心者クラス

国立ヒーリング・ルージュhttp://healing-rouge.jp
JR中央線国立駅より徒歩5分 富士見通りバス停「公民館前」向かい赤い入り口の階段を下りてB1Fです

毎月第1、第3日曜日
4/6
4/20


15:00〜17:00
受講料:2,000円



IMG_2309_convert_20140317081001.jpg

オイリュトミー・アーベント@天使館

国立の白十字で開催されてきた「オイリュトミー・アーベント」ですが
今回は国分寺天使館で行われます。
緊密な空間でオイリュトミーを体験できる希有な機会となります。
どうぞお出かけ下さい。
席数に限りがありますのでご予約はお早めにどうぞ。

日時:2014年2月23日(日) 16時から
出演:
谷合ひろみ・桑原敏郎・小松宏佳・塩月伊作
新保圭子・阪本和子・三上周子・笠井叡
ピアノ:上田早智子 ヴァイオリン:長谷川美夏
朗唱:藤原和子 司会・進行:原仁美
作品:
アンデルセン作「マッチ売りの少女」
グリーグ作曲「春に寄す」
リスト作曲「愛の夢」
ゲーテ作「水の上の霊たちの歌」

料金:1,000円
予約(メール):info@akirakasai.com

呼吸について

胸からからだ全体が
天に向かって開くように息を吸い込む
吸う呼吸とともに
胸を打ち破って内的存在が外に出て行く

身体は残される
人間も脱皮する
境界を超えるために呼吸する(吸う呼吸)

限界を超えるほど吸いきると
内なるものは外なるものにひるがえり戻らない
後に残された肺はしぼむだけ
吐かれる息は惰性であり
そこにもう生命は宿らない

しかし意志から解き放たれた吐息はひたすら穏やかで柔らかい
天使の歌声のように美しい
途切れることのないひとすじの流れ
完璧な演奏
または淡墨桜の色

呼吸の仕方が変わるということは
存在の仕方が変わるということ
内側だったものが外側になる

外側なる全体がこの交感のときに入れ替わるのか
残されたからだは少しの間、生体よりも生きている
文字通り光り輝く
その後地に属するものに還っていく

息をしていないからだは静寂に満たされている
それだけ呼吸は激しいものだ
どんなに静かな寝息でも命の躍動を伝えるのに余りある

新しく生まれた命は
吐く呼吸とともに自らのからだをつかみ固める
その音楽は鮮やかな絵の具をぶちまけたようににぎやかで激しい

吸う呼吸と吐く呼吸
私たちはその間で五感を差し出している
温かさ、冷たさを感じる、見る、話す、聞く、かぐ
それらのことは死者が仲介している

私たちが五感を受け取るとき、死者とともに感じている
感覚を受け取る力の中に死者が生きている


??-9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。