プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水晶ノ夜」終了いたしました


オイリュトミー公演「水晶ノ夜」、無事に終えることができました。
とてもパワフルなセッションスタッフのみなさん、演出家、出演者、演奏家の方々、天使館のみなさん、
遠くから応援してくださった方々、そして会場に足をお運びくださいました皆様に、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

今回は演出の定方氏が選んだ曲の中で、とても静かな始まり方をするものが多く、
自ずと耳をすます、ということについて考えさせられました。

音楽のオイリュトミーで、ドレミファのソの音は両手を左右に広げた形をとります。
今回もある曲では最初の音がソだったのですが、ソの音の動作をしているとき、ちょうど自分の両耳の内側が裏返って何かを捕獲しようと外に飛び出ていくような感覚を持ちました。

そしてその感覚は、さらに、自分が二つの世界に同時に存在しているという感覚へとつながっていきました。
両方の腕を別々の方向に向けているからでしょうか。

その二つの世界とはさまざまであり、一つは正しいという方向と正しくないという方向。
また自分と他者、ここにいるということと、ここにいないということ、などです。

自分は正しい方向に進んでいると同時に正しくない方向にも進んでいるのかもしれない。
自分は自分だけど、なんだかその領域に他者も感じる、
自分はここにいるが、同時に別のところにもいるだろう、というおぼろげな確信。
また、本公演の稽古の帰り道、月蝕がありました。世界が反転するような不思議さ。
そんなことが頭をよぎっていった舞台でした。


??-5


さて次回公演は、国立の老舗洋菓子店、白十字でのオイリュトミー・アーベントです。
ぜひお出かけください。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。