プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらがおどっているのか

引き続き、「雪の降る町を」という曲を稽古している。
昨日は横浜のとある施設で踊らせていただいた。
初めて曲と出会ったときの新鮮な感動を持ち続けながら稽古するということは難しい。
しかし昨日、おどりながら、見てくださっている方々の表情やたたずまいをこちらも見させていただきながら、
それを受け取りつつ自分の動きもどんどん変わっていった。
お客さんが見てくださるのは一度きりである。
その空気を受けて、自分も初めてこの曲を聴くような気持ちになれたのだろうか。
自分のおどりよりもお客さん一人一人の上に漂う空気の方が自分がおどった以上のおどりをおどっていた。
観客はわたし一人なのである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。