プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道フェスティバルVol.2 ミライのカタチ

昨日、音楽家中楯純氏との朗読ユニット「pneuma(プネウマ)」として、
山梨県北杜市で行われた「寄り道フェスティバルVol.2 ミライのカタチ」
というイベントに出演してきました。

私がテキストを朗読し、中楯氏が即興で音楽を付けるという試み。

会場はヴィンテージリゾートというゴルフ場の端っこにあり、
舞台から南アルプスが見渡せるというすばらしいシチュエーション。

寄り道舞台1
写真はJEEZPIECEさん

7月14日、15日の二日間にわたって開催されたこのイベントの一日目、
クラシック演奏、タイコサークル、ヒップホッパーたちが出演、
そのなかで福井県から来た、旅する音楽家よっしーこと河合良信さんのことばが心に残った。
40年間、原発とともに生きて来ざるを得なかった地元の人たちのリアルな様子を演奏の合間に話してくれた。

寄り道
南アルプスの山々

イベント終了後は、地元の造形作家、大さんの家に招いていただき、シロザという雑草のおひたしや野いちごのジュースなど手作りのおもてなしを受けた。
そして皆さんと固く握手を交わしお別れ。
なかなか手が離せなくて困ってしまった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。