プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の中で呼吸するように




森の中などで濃い霧が立ち込めてくるとき、不安とともにワクワクするような感じがある。


木立の隙間から光がちらちらともれ、そこに霧の濃淡がかさなると、重厚なオルガンミサ曲の響きが思い起こされる。そんな時、自分のからだも多重的な存在であることに気づく。


深呼吸をすると、霧の外では重力にしばられていたからだが、心なしかフワっと軽くなったような気がする。


そんな時、「この身体はいつまでこの形態をとどめるのだろうか。」ということを考える。
「朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か?」
スフィンクスがオイディプス王にした謎かけである。


答えは「人間」。


私たちは、ずっと昔には4本の足を持ち、未来には3本の足を持つのかもしれない。


時間が未来永劫つづくとしたら、人間が現在のからだの形態を永遠に保つのは不自然だろう。


経験だけをたずさえて人間は彼岸へ渡る。それ以外のものは肉体とともに地に帰る。


霧はやがて暗い地面に吸収されるが、それまでは光を受けてかがやく。


一つのものがかたちを変えて流転しつづける。


霧の中に身をまぎらせるとき、過去のからだと未来のからだを予感する。





谷合ひろみ先生の想い出に。




Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。