プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイリュトミー『蝶たちのコロナ』三ヶ国語バージョン


2013年の春から稽古を始め、この2年間で日本語、ドイツ語、イタリア語で、それぞれ『蝶たちのコロナ』の公演をやってきた。

ルドルフ・シュタイナーの「残された黒板絵」(高橋巌訳・筑摩書房)から取り上げたテキストを、今回は一挙に三ヶ国語同時上演する。

同テキストを異言語で踊ることで、なにが立ち現れてくるのかという試みである。

稽古時には、それぞれの言語で身体感覚の違いをはっきり感じる。
それを舞台でどう表現することができるのかが目下の課題だ。


オイリュトミー『蝶たちのコロナ』三ヶ国語バージョン
2015年11月17日(火)19時半〜
国分寺市立いずみホール
前売り2,700円 当日3,000円
予約/問い合わせ info@akirakasai.com(天使館)

IMG_20151003_0001_NEW.jpg
撮影:笠井爾示

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。