プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイリュトミーの現在2011 春曼荼羅

ペルセパッサ・オイリュトミー団の次回公演です。
公演とあわせてワークショップ、講演があります。
どうぞご期待ください。


オイリュトミーの現在2011 春曼荼羅
4/7(木)19:30開演
国分寺市立いずみホール

前売\2,500
当日\2,800
出演:ペルセパッサ・オイリュトミー団
浅見裕子 笠井禮示 鯨井謙太郒 小松宏佳 定方まこと 塩月伊作 新保圭子 寺崎礁 野口泉 原仁美 松本志摩
ウタ・ディートリクセン 笠井叡  
ピアノ:上田早智子 チェロ:山崎明子

L.v.ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」第3楽章
J .S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007
ニコライ・カプースチン 8つの演奏会用エチュードop.40‐3「トッカティーナ」
ドビュッシー 「沈める寺」 他


ペルセパッサ・オイリュトミー団メンバーによるワークショップ
日時:4月10日(日)18:30~21:30
講師:浅見裕子 定方まこと
内容:初心者のためのオイリュトミー講座
場所:いずみホール内練習室
料金: 無料(要予約)


ウタ・ディートリクセン オイリュトミー講座
日時:3月28日(月)~31日(木)、4月4日(月)、5日(火)
 計6講座 19:00~21:30 
場所:天使館(JR国文寺駅南口徒歩15分 国分寺市西元町3-27-9)
料金:6講座通し22,000円(部分参加の方は1講座4,000円)
※ (定員20名)原則的に6講座通しでの参加を優先いたします。
※ 4月4日(月)、5日(火) はウタ・ディートリクセンと笠井叡、二人の
講師によるクラスとなります。 

ウタ・ディートリクセンと笠井叡によるレクチャー
日時:4月8日(金)19:00~22:00
場所:天使館 
料金: 3,000円

特別チケット:オイリュトミー公演+ 6講座+レクチャー26,000円
※枚数限定となります。お問い合わせください

チケット取り扱い・お問い合わせ
ペルセパッサ・オフィス 080-5877-6887
[MAIL] perse713iao@ezweb.ne.jp
http://persephassa.blog.sonet.ne.jp/
企画制作/主催:PEG


ペルセパッサ・オイリュトミー団
4年間のオイリュトミーの基礎過程及び2年間の舞台実習クラスを修了したオイリュトミストたちによって2004年5月に結成。東京を拠点に日本各地でオイリュトミーの舞台公演を行って来た。2005年7月に発表した「鱗粉神話」ではR・シュタイナーの『神秘学概論』をベースに、朗唱と打楽器のコラボレーションに取り組み、新たなオイリュトミー表現の方向性を提示した。
同年9月には愛知芸術センタープロデュース・笠井叡振付によるダンスオペラ「UZME]に出演。ダンス、オイリュトミー、歌の融合による意欲的な舞台として話題を呼んだ。
音楽オイリュトミーの群舞作品、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第32番」は代表的なレパートリーとして各地で上演、好評を博す。
また舞台活動と平行してオイリュトミーの体験ワークショップも企画・開催し、オイリュトミーの普及、発展に広く努めている。

ウタ・ディートリクセン 
オーストリア在住の治療オイリュトミスト。シュトットガルト・オイリュトメウムの創始者エルゼ・クリンク女史の高弟。
1970年代から長くオイリュトメウム舞台グループの指導及び舞台活動に従事し、1981年の日本におけるオイリュトメウム全国ツアーにも参加。
イゾルダ・ザグレスターノとのベートーヴェンのスプリング・ソナタは名舞台として人々の記憶に残っている。その後、舞台グループを退き、治療オイリュトミーに専念。2007、2008、2010年に治療オイリュトミー集中講座を天使館及び日本各地で行った。




IMG_0002_convert_20110307012047.jpg



IMG_0001_convert_20110307010127.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。