プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中に架かる虹

物質→液体→気体→熱
熱は見えないし、掴めない、触ってみるしかない。
暖かさ、暖かみ=生命の感覚

どんな時でもイメージの力で熱を作り出せるといい。

先日、日曜日のゴールデンタイムにチベットの高山地帯で修行している僧達が、極寒の中で裸足でぼろ切れ一枚でぐっすりと眠る姿を見た。

なぜそんなことができるのかというと、イメージで熱を作り出しているとのこと。

実際には雪山で組末なぼろぬの一枚しかないというのに、イメージでは眩しい太陽の下で、日の光をじりじりと受けながら汗ばみ、気持ちよさと、よろこび、生命への感謝の気持ちで一杯なのかもしれません。

すごいとおもいました。
また、当然ともおもいました。
「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」という江戸川乱歩の言葉を思い出します。

おもいが現実をひっぱっていく。
意思が物質(からだ)を変える。
真夜中に虹が架かったり、
明日の朝、別人になっているということもある。
楽しいですね。

おもいだけで、熱を、生命を生み出せる 自分の中に単性生殖、両生具有の萌芽を感じます。

さて、熱を作るのは血流、血の流れは意識が司る。熱を感じるとき、無意識のうちに自分の意識が自分を導いていく感覚があります。
というのは、とてもキツい状況に立たされた時、昔から必ずといっていいほど、どこからともなく美しい音色が響いてきて救われてきたように思うのです。
特に昔はぐったりしてラジオは点ければすごい確立でよくそうでした。
そんな時は全身を耳にして思うさま聴いていたと思います。

今日は、出会い頭、ぶつかりそうになった車のカーステレオから三線の「てぃんさぐぬの花」の冒頭が聞こえてきて、あったかい涙と強い呼吸が戻ってきました。思わず感謝!

こういう偶然は誰かが計算している粋なはからいであると思います。
ですが寸分違わずその瞬間に私を運んだ無意識の意思も感じます。
みなさんもそんなことありませんか?

Comment

すごいなぁ。。。
イメージで熱をつくるのか。。。

いつだったかの月曜会で、
サラマンダーのフォルムを動いても、
そのあとすぐに凍えてしまった事を思い出しました。

修行の道は長いですねぇ。。。
じっくりまいりましょうか。

でも、車にぶつかったりしないでね!
そんな瞬間に音楽を聞いているっていうのもすごいけど。。。

Azさん、コメントありがとうございます。
稽古で汗をかいた後は、すぐに着替えられないと本当に冷えますよね。自らの熱で速乾できたらイイですね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。