プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の降る町を


白十字オイリュトミー・アーベントにおいで下さいました皆様、ありがとうございました。
今回はピアニスト、チェリストの協力を経て、この1952年のヒット曲をオイリュトミーで再現することが出来、今も心躍る気持ちでいっぱいです。

学生時代に『ラヴィ・ド・ボエーム』(La Vie de bohème)という映画を見てから、この「雪の降る町を」という曲が大好きになりました。重く暗い前半部から、光が射し緑の芽吹くような転調部への移行は何度聞いても感動せざるを得ません。
作曲者の中田喜直氏が山形県鶴岡市の風景を眺めて作曲したと言われるこの曲、「鶴岡音樂祭」で毎年歌われているそうです。ぜひ行って景色を眺めながら歌詞を味わってみたいものです。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。