プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳=宇宙

IMG_0889green.jpg


自分のふたつの耳が


どんどん開いていって、真っ暗な闇、星、無限の広がりにつながっている





自分の耳の中はいろんな器官がありながらも宇宙と直結している


音によってどんどん開かれ、ついには裏返って耳の中が外になり、


自分のからだの境界線が消える




自分にふたつの耳があるのではなく


巨大なふたつの耳の間に自分がいる




そこで自分はとてつもなく長い竿をもって綱渡りをしているひとつの響きのようになる


竿は両の耳までつながっている


糸の細さの上でも決して揺れず、完璧な均衡が保たれる




この静けさはなぜなのか、




そして今、巨大な二つの耳が裏返されて頭の両脇にくっついた





イヤホンを外し、境界のある世界に戻ると


急には言葉を話せない、


まだ意味のある語には遠すぎる


ひそひそ声を出すのさえはばかられる




かわりに手を伸ばしてみると、確かに何かに触れた気がしたんだ





Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。