プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の力

いまの時代は言葉を自分に作用させていかなければ
生きていけないのではないか。

自分が選びとった言葉で自分をみちびいていかなければ
道が全く見えなくなってしまう。

言葉は生きた力そのものだ。

かつて三島由紀夫は言った。
「ことばを刻むように行為を刻むべきだよ。
彼らはことばを信じないから行為を刻めないじゃないか」と。

行為を刻むとは生きることだ。

いま
路上での一呼吸毎に、
朝晩の食卓で、
買い物するスーパーマーケットで、
眠りと目覚めの瞬間に、
私たちは行為を刻もうと言葉をさがす。

本当の言葉の力はまだかくされている。
いま言葉の力が必要だ。

※全学連の運動のあり方を批判して

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。