プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイリュトミー公演『アシタノクニ』を終えて

オイリュトミー公演「アシタノクニ」を見にきてくださったみなさま、ご協力頂いたみなさま、本当にありがとうございました。

作品中で取り上げた「シュタイナーによる子どものための眠る前の祈りの言葉」は、
今の時代の子どもだけでなく、大人にとっても、ひいては自分自身にとっても、とても必要な、
力となる言葉だと感じました。

表向きはにこにこ顔でも、お金がなければ先は地獄、という雰囲気を漂わせざるを得ない現在の社会の仕組みの中で、私は、昨今ますます居場所のなさを感じます。


しかし、ミヒャエル・エンデの『サーカス物語』の中の一文、

「自ら作り出すものの中でのみ、わたしは自由なのだ」

この言葉に寄り、自ら自分の居場所を作り出していくしか、
この社会では生きていく方法はないような気がしています。

そんな中で、何度でもこのことばを踊りたいと思います。


わたしのあたまも
わたしのあしも
かみさまのすがたです
わたしはこころにも
りょうてにも
かみさまのはたらきをかんじます
わたしがくちをひらいてはなすとき
わたしはかみさまのいしにしたがいます
どんなもののなかにも
おかあさまや
おとうさまや
すべてのあいするひとのなかにも
どうぶつやくさばなや
きやいしのなかにも
かみさまのすがたがみえます
だからこわいものはなにもありません
わたしのまわりには
あいだけがあるのです

(幼児のための眠る前の祈り)



お前の中に光が流れ込んでいきますように。
私は愛をこめてその光につきそい
この上ない喜びとともに
お前の生命のいとなみを見守ります。
それはお前をすこやかにするでしょう。
それはお前を支えてくれるでしょう。
それはお前の心を明るくしてくれるでしょう。
人生を歩みはじめるお前のために
心からこの私の喜びの気持ちが
お前の生きる意志と結びつきますように。
そしてこの意志がどんなときにも
どんなところでも
自分自身で強く存在し続けることができますように。

(赤ちゃんのための眠る前の祈り)




今回は「いのち・むすびば」に33,000円を寄付することができました。
また、甲府「花国」、「いのち・むすびば」の方々には、
計り知れないご協力をいただき、実現できた公演でした。

会場に足をお運びくださったみなさま、またいつかお会いできますことを楽しみにしています。
心より感謝いたします。どうもありがとうございました。








以下、いのち・むすびば公式ブログより転載
http://inochimusubiba.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
-------------------------------------------------------------------------

11月3日に、甲府市中央にあります花国で、オイリュトミーのチャリティー公演を行います。
出演します野口泉さんは、いのち・むすびばの活動に賛同してくださり、
収益は必要経費を除き、すべていのち・むすびばに寄付されます。
本当にありがとうございます。
シュタイナーやオイリュトミーに興味のある方、
むすびばの活動に興味のある方にもどうぞお声掛け頂き、一緒にご参加ください。

【日時】2012年11月3日(土) 14:00開演(13:30開場)
【場所】花国(はなくに) 2階イベントスペース(甲府市中央4-4-17)
*駐車場がございませんので近くのコインパーキングをご利用ください。
【料金】大人2,000円、学生1,500円、子ども500円
【お申し込み先】080-5003-7753(花国)
または080-4206-0392(レムニスカート)

※今回の公演は、お子さんでも飽きずに集中して楽しめるようにエッセンスを
凝縮して組み立てて下さっているそうです。35分間の公演予定です。
今回の舞台のメンバーの中には、特別支援学校の先生もいらっしゃることから、
公演が、大人はもちろん、どんな子どもにとっても実り多い時間になるようにと
試行錯誤の上、舞台作りをしてくださっています。
小さなお子様連れの方なども安心してお出かけください。
※朗唱・ピアノ・チェロと共に、野口さんの入魂の身体表現をお楽しみください。

オイリュトミー:野口泉
朗唱:藤原和子
ピアノ:上田早智子
チェロ:山崎明子

照明:大澤憲吾
協力:いのち・むすびば 花国 
   上條朋子 鯨井謙太郒
主催:レムニスカ−ト


以下は野口さんからのメッセージです。

-------------------------------------
期せずして放射能と暮らすことになってしまった私たちですが、
そんな中でも子どもは育ち、わたしの周囲の人たちもどんどん子どもを作っています。
だれもがお母さんから生まれ、自分も赤ちゃんであったのに、この状況の中で、子どもとお母さんは何の守りもなく、
戦場の最前線に立たされているようなものです。
オイリュトミーとはドイツ語で「美しいリズム」の意味です。
人智学者ルドルフ・シュタイナーが創造した身体技法です。
時に人は火事場の馬鹿力と言われるような、想像を超えるような力を出すことがあります。
そのような人間を動かす力の根源はいったいどこからくるのだろう?そんな思いにとらわれ、オイリュトミーを始めました。
今は常に火事場の馬鹿力を必要とするような時代です。
しかし、裏を返せば、そのような力をいつでも使えるまでに私たちが進化したとも言えます。
立ち向かうものが大きければ大きいほど、私たちも大きくならざるを得ない。
そのような意味ではこの時代にこそ生きる意義を感じます。

オイリュトミーは言語オイリュトミーと、音楽オイリュトミーの二つからなっています。
言語オイリュトミーでは、
母音(AEIOU)の持つエネルギーを
自己の内部から湧き起る根源的なものとして、
子音(B,M,D,N,R,L,G,CH,F,S,H,Tなど)の持つエネルギーを外部から作用するものとしてとらえ、
それぞれの音声を受けた身振りによって表します。
音楽オイリュトミーでは、音楽の要素
(旋律、音階、和音、リズム)を、
重力と浮力の力を借りて表現します。
調和と法則を持って存在する人間の骨格はインターヴァル(音程)に対応します。

さて、来る11月3日土曜日の昼2時から、甲府の花国さんの2階スペースをお借りし、
『アシタノクニ(明日の国)』~夢見ることで存在するあたらしいくに~、と題した小さなオイリュトミーの公演を行うことになりました。
上演時間は35分程の予定です。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

http://noguchiizumi.blog76.fc2.com/

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。