プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

psalm プサルム-裏返しの讃歌- を終えて

telp+entranceIMG_2042_convert_20100613034758.jpg


この5月この地は、とても光が強く,透明で、緑が燃えるような(萌えるというよりも)日が多く、
なにか物悲しいような、そら恐ろしいような美しい日が続いた。
そんな中での荒川修作さん、デニス・ホッパーさん、大野一雄さんの死、つづく首相の降板。
こんなふうに並べるのは納得いかない人もイルカと思いますが、
自分にとっては生命、自由の象徴のような方たちが、この世から一抜けていった。
底抜けに明るい光の中で。

そんな時にpsalm プサルム-裏返しの讃歌-本番を迎え、
ツェランの詩編を声に出して舞台にのせるという役をいただいた。

舞台では、
朗唱者の声が発した言葉が、
オイリュトミストによって手でこねられ、
その場で生命として次々と生まれていった、のを見たような気がします
死にきったものさえまた生まれることができるのかもしれない、と思いました。

今回の公演では、気づいたら作品がどんどん形になってゆき、
つながるはずのないようなイメージが自ずと連鎖し、
ツェランの詩を中心とした全体のトーンが明確になっていった。
オイリュトミスト、音楽家は難曲が多いこともあり、
体力的、精神的にも大変だったと思いますが、
関わる人のすべてが(直接関わらなかった人も、関わらなかったことによって反対に)
公演を作り上げていったような、
とても無理なく全てが進んだような気がします。
(corvusのお二人にとっては当初のイメージ通りの公演になったという思いか知れません)

御来場くださったみなさま、出演者、スタッフのみなさま、こころより感謝いたします。
ありがとうございました。


昨日は下書きをアップしてしまい,大変失礼致しました。

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。