プロフィール

noguchiizumi

Author:noguchiizumi
野口泉
オイリュトミスト
武蔵野美術大学映像学科卒。
2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。オイリュトミーシューレ天使館第三期及び舞台活動専門クラスを経て、愛知万博「UZUME」(2005)「高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008、2010)、「ハヤサスラヒメ」(2012)、「蝶たちのコロナ」(2013、2014)、「毒と劔」(2015) など様々な公演に出演。放射能からいのちを守る山梨ネットワークいのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」や、「きつねおくさまの!ごけっこん」(2014)、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)などを開催。オイリュトミーに関わるイベントを企画する「レムニスカート」を主宰。

sns
Instagram
おすすめ書籍など
FC2アフィリエイト
PR
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最新記事
アルバム
月別アーカイブ
リンク
CopyRight (C) 2010- izumi noguchi

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かいのか冷たいのか

IMG_1109_convert_20100613034416.jpg


半月振りに「フーガの技法」稽古場の壁にiphonつないで1曲目からかけた
なんて曲なんだ
涙があふれた
周りの温度が急激に下がる
つめたいつめたいつめたい
冷徹な旋律
ゲド戦記一巻に出てくる氷でできた城に迷い込んだみたいな
すごい孤独
息が白くって、目も真っ赤で死に体でたどり着いた
だだっぴろい広間の氷の隙間からしみだしてくるような
ぎっちり詰まった黒曜石のほんの少しの隙間から微かにもれてくるような
地底から響いてくるようなはじまり
如月小春さんの戯曲を高橋悠治さんが再構成した
『トロイメライ──子供の情景(2008)』の「雪の女王」の声を思いだす
これは巨大なふいごが吐きだしてるメロディなのかもしれない
iphonで聴いてるせいかもしれないけど

そこから3曲目でちょっと光が射してきて氷が溶けて
小さな流れになって
風が吹いたり、どろ水がまじったり
苔むした森を通り抜けて
濁流に飲み込まれたりして
最後に蒸発して
でもまた冷えきって
また氷にビシーっと固まって始まる
そんな曲と思いました
何度も何度もはじめのつめたさに戻ってきたい
なんだかおそろしいつめたさが自分の故郷みたいな
そんな気もしました



テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。